ホーム > 犬種でわかる犬の性格 > チワワの性格と基礎知識

チワワの性格と基礎知識




chihuahua.jpgチワワは、小さいながらも大きなウルウルとした瞳と大きな耳は、とても愛らしく、愛玩犬として非常に高い人気があります。日本ではテレビCMの影響もあり、毛が長いロングコートチワワが人気ですが、もともとチワワは、毛が短いスムースコートという犬種しかいませんでした。その後、アメリカでより愛らしい外見にするためにスムースコートチワワに、長毛の人気愛玩犬種であるポメラニアンやパピヨンなどとかけ合わせて作出されたのが、ロングコートチワワというわけです。

チワワは、世界で最も小さな純血種です。チワワの起源については、諸説様々ですがメキシコで古来より飼育されていた豚に似た小さな犬である「テチチ」を祖先とする説が有力です。そして、その犬をアメリカ人がメキシコのチワワ州で発見して連れ帰ったことから、
そのまま地名が犬種の名前となりました。

とはいえ、チワワの起源については非常に謎が多く、メキシコが起源という説以外にも、中国が起源であるという説、またヨーロッパが起源であるという説まであり、謎が多いのもチワワの神秘的な魅力といえます。

アメリカに連れ帰ってきたチワワはさらに小型に改良され、現在の形になりました。チワワの標準体重は0.5~2.7kgということもあり、他の犬種と遊ぶのは苦手です。よく「チワワは排他的で他の犬種と仲良くならず、チワワ同士で遊ぶのを好むといわれていますが、チワワのサイズが原因だと考えられます。他の犬種との体格差が大きいため遊びづらいため、結果としてチワワ同士で遊ぶのだと思います。


◆体型には似合わない気の強さがあるチワワ
チワワの一般的な性格は、体格に似合わず大胆で、自分よりも大きな相手にも立ち向かう勇敢さを兼ね備えているので、番犬にも適しているといえます。逆に、体型の割に声が大きく、攻撃性や警戒吠えが意外に高いため、手のかからない抱き犬のイメージで飼いはじめた飼い主さんは、チワワのしつけで苦労するケースが多いので注意しましょう。そのためにも、子犬の時にチワワを迎え入れたなら、まず最初に無駄吠えをしないようにしつける必要があります。

チワワは、体は小さいですが動くことが大好きな活発な犬種なので、家の中で動き回っているだけでも、かなりの運動量になります。そのために高齢者や女性の一人暮らしでも、比較的飼いやすい犬種です。そのため最近では、内弁慶なチワワが増えています。家の中では吠えたりうなったりと好き放題に振る舞いますが、外に出た途端、恐怖心から固まってしまうのです。散歩に連れて行かなくても室内で十分運動できるため、多くのチワワが室内で過ごすことが多くなり外の世界とふれあう機会が減ったことで、他の犬や人とのコミュニケーションのとり方が分からなくなっているためです。そのため、定期的に散歩に連れ出して外の世界に慣れさせてあげましょう。

またチワワは、体が小さい割にはよく食べるため、太りやすい犬種で、太ってしまうと心臓に負担がかかるのでエサの与えすぎには注意しましょう。




ドッグトレーナーにしつけを任しているけど全然いい子にならない・・・
訓練所に預けていい子になって帰ってくるけど、しばらくするとまた言うことを聞かなくなってしまう。それは、あなたの愛犬が本当の意味での「しつけ」ができていないからです。しつけとは、飼い主さん自らが愛犬と向き合って信頼関係を築く行為です。それがしっかりできていないと、いくら訓練所に預けたとしても意味はありません。飼い主自らが実践すべき犬のしつけ法をわかりやすく解説したサイトが「プロに頼まずに飼い主だけで実践できる犬のしつけ法」です。気になった方は是非覗いてみてください。
→→→「プロに頼まずに飼い主だけで実践できる犬のしつけ法」はコチラ

関連記事

  1. ポメラニアンの性格と基礎知識

    まるでぬいぐるみのように愛くるしい人気犬種のポメラニアンは、元々はドイツ生まれの...

  2. ミニュチュアダックスフンドの性格と基礎知識

    ミニュチュアダックスフンドは、愛嬌たっぷりの体型とフレンドリーな性格が人気の小型...

  3. チワワの性格と基礎知識

    チワワは、小さいながらも大きなウルウルとした瞳と大きな耳は、とても愛らしく、愛玩...

  4. トイプードルの性格と基礎知識

    トイ・プードルは、ぬいぐるみのようなかわいい容姿に賢くて活発な性格で、抜け毛が少...