ホーム > 愛犬悩み相談 > 子犬を飼う前に知っておきたいこと

子犬を飼う前に知っておきたいこと




pappym.jpgペットショップを訪れると、ショーウィンドウのケースに可愛い子犬たちが入っていて、希望すれば抱っこさせてもらえる。抱っこをしてしまうとついつい情が移ってしまい、お家に連れて帰ってしまいたくなり、飼うつもりはなくてもいつもの間にか子犬を飼ってしまっていた...。そんな飼い主さんは少なくありません。

犬の場合、基本的に10年以上生きるので、子犬を飼いはめたら、その子犬と10年以上一緒に過ごす覚悟が必要です。気軽に飼ってはみたけど、こんなはずじゃなかったでは遅いのです。ペットショップの店員さんは、「この子かわいいでしょう?」とネガティブな情報を言ってきません。子犬はたしかに可愛いですし、犬との生活はきっとかけがえのないものになるでしょう。とはいえ、かけがえのないものにするには互いに信頼関係を築くなどの努力が不可欠です。可愛いからといってしつけをせずに甘やかせて育ててしまえば、ワガママに育ってしまいます。


飼った後で知らなかったでは済まされない、飼う前に知っておきたいことを、いくつか私の経験からまとめてみました。


子犬が可愛くて、「連れて帰りたい!」と舞い上がっていても、一度冷静になって下記の項目をよく読んでから、本当に飼う覚悟があるか自問自答してみてください。一緒に暮らすわんこだけではなく、あなた自身が不幸にならないためにも。


■排泄物の処理が大変
一番の問題が排泄物の処理。成犬と違って、子犬は我慢できないので、短ければ5分間隔でオシッコをしてしまいます。最初は、トイレのしつけができていないので、いつでもどこでもオシッコしてしまい、最初はオシッコを拭いてニオイ消しスプレーを吹いての繰り返しになることを覚悟しておきましょう。気軽に飼ってしまった飼い主は「こんなはずじゃなかった」と絶対に後悔します。

もっとつらいのはウンチ。子犬とはいえ、人間とほぼ同じウンチをするし臭いし、頻度も多いです。発見したら素早く片づけないと子犬がウンチまみれになってしまうので、とてもつらい。トイレのしつけも、「おすわり」などと違って、しつけるのに根気が必要です。イライラしてつい怒ってしまうと、最悪飼い主さんの目の前でしなくなるので、おおらかな気持ちが必要です。子犬を迎いいれた瞬間、子犬中心の生活になることだけは覚悟しておきましょう。



■思いのほか獣臭い
ペットショップで子犬を抱っこしていたときは全く感じてなかったけど、家に着いて落ち着いてみると「なんか臭くない?」。子犬というか犬は臭いです。独特の獣臭を放ちますし、排泄物のニオイが混ざり合って、余計臭いです。消臭剤をいたるところに置いていますが、正直気休めにしかなりません。部屋が臭くなります。諦めましょう。



■よく泣きよく吠える
犬はご存じの通りワンワンと吠えます。子犬のときは、寂しくなると最初はか細い声で「クーン、クーン」と鳴いてくるので、ついつい「おーよしよし!」と反応してしまいがち。一度反応してしまったら最後、鳴けば来てくれると学習されてしまったら、どんどんエスカレートして「クーン、クーン」がいつのまに「ワン!ワン!」に。めちゃめちゃうるさくてストレスです。たとえ無視していても、吠えたり鳴いたりするので覚悟しておきましょう。



■時間がなくなる
最初のうちにこれから一緒に楽しく暮らしていくために我が家のルールを愛犬に教えていかなくてはなりません。トイレトレーニングは必須で、根気が必要です。遊んだり、餌をあげたり、排泄物の処理をしたりと当然のことですが世話をしなくてはなりません。知り合いのわんこは、きちんとしつけをしてなかったばかりに気に食わないと噛んでくるので、子供たちは犬のお世話をしなくなってしまったとのこと。こうなってしまうと、お互い不幸なので、子犬のうちからのしつけは必要です。しつけだからと言って、叱ったり叩いたりは厳禁です。根気よくやさしくしつける必要があります。さらに、生活サイクルが犬中心になります。私自身も朝5時に起きて餌の準備からトイレの掃除、遊びや散歩と大忙しです。自分の時間は確実に減ります。安心してください、人は思いのほか順応性の高い生物です。じきに慣れます。



いかがでしたか?
子犬はただただ可愛い存在ではないのです。互いが不幸にならないためにも覚悟をもって子犬を飼いましょう。
愛犬は飼い主さんを選ぶことができないわけですから。




ドッグトレーナーにしつけを任しているけど全然いい子にならない・・・
訓練所に預けていい子になって帰ってくるけど、しばらくするとまた言うことを聞かなくなってしまう。それは、あなたの愛犬が本当の意味での「しつけ」ができていないからです。しつけとは、飼い主さん自らが愛犬と向き合って信頼関係を築く行為です。それがしっかりできていないと、いくら訓練所に預けたとしても意味はありません。飼い主自らが実践すべき犬のしつけ法をわかりやすく解説したサイトが「プロに頼まずに飼い主だけで実践できる犬のしつけ法」です。気になった方は是非覗いてみてください。
→→→「プロに頼まずに飼い主だけで実践できる犬のしつけ法」はコチラ

タグ : ,

関連記事

  1. 子犬を飼う前に知っておきたいこと

    ペットショップを訪れると、ショーウィンドウのケースに可愛い子犬たちが入っていて、...

  2. 愛犬が寂しそうだからもう犬を一頭飼った方がいい??

    愛犬がさびしくないようにともう一頭犬を飼おうかと考えている飼い主さんは多いです。...

  3. 犬が乗り物酔いをしてしまうけれど、その対策法は??

    犬を連れての旅行の際、車内で気持ちが悪くなってしまう愛犬は、飼い主にとってまさに...

  4. ペットショップで仔犬を買う前に知っておきたいこと

    犬を飼おうと決めたとき、あなたはどこに行きますか?多くの人がペットショップに向か...

  5. お留守番の様子でわかる犬の本音

    よく「うちの愛犬はさびしがり屋で、留守番ができない。」と悩まれる飼い主が最近増え...

  6. ムダ吠えする犬の本音を知ればいい子に生まれ変われる!

    人間からみれば無駄吠えにみえても、無駄に吠える犬はいません。犬が吠えるときは、そ...

  7. 犬社会のリーダーとして大切な5つの資質

    犬は群れで生きる動物なので、群れの中での順位に対してとても気にする生き物です。犬...

  8. うちの犬は甘いものが大好きだけど大丈夫??

    一般的に犬の味覚は人間ほど鋭敏ではありませんが、味覚はあります。甘みや塩辛さ、酸...

  9. 愛犬におやつは必要なの??どのくらいあげるのがいいの??

    犬にとって「おやつ」は絶対必要と言われれば、絶対に必要というわけではありません。...

  10. ワンブルで愛犬の無駄吠え対策

    愛犬の無駄吠えに悩まされている飼い主さんは意外に多いものです。飼い主の言うこと...

  11. 犬の口臭は気になる・・・どうすれば改善できるの?

    愛犬の口臭が気になる。例えば、愛犬があくびをするとムワッと臭いにおいがただよう。...

  12. 犬の無駄吠えにはワンブルがおすすめ

    愛犬の無駄吠えの原因は、愛犬に対して飼い主がしっかりとリーダーシップを取れていな...

  13. 犬の無駄吠えをすぐに治したい!

    犬の問題行動の中でも、無駄吠えの悩みを抱えている飼い主さんはとても多く悩みも深...