ホーム > 鳴き声からわかる気持ち

鳴き声からわかる気持ち:記事一覧

ムダ吠えする犬の本音を知ればいい子に生まれ変われる!

ムダ吠えする犬の本音を知ればいい子に生まれ変われる!

人間からみれば無駄吠えにみえても、無駄に吠える犬はいません。犬が吠えるときは、それなりの理由や伝えたいことがあり、よくよく耳を傾ければ、吠えていても吠え方の違いに気づくはずです。人間のように言葉を話せない犬たちは、さまざまな行動やボーディランゲージで周りに自分の意思を伝えようとするのです。ただし場所…

犬は基本的にポジティブシンキング

犬は基本的にポジティブシンキング

わんこは人間と同様に豊かな感情をもち表現します。とはいえ、喜怒哀楽の中での「哀」は少ないと言われています。本来、群れで生きる犬は留守番が苦手。当然、飼い主の帰りを待ちわびているものですが、それは「ひとりでさみしい」というよりも「ひとりでふあんなだなぁ」という気持ちからだと考えられています。飼い主に怒…

寝ながら吠えるのはどうして??

寝ながら吠えるのはどうして??

A.じつは寝言を言っているんだ。寝ていると思っていた愛犬が急に吠えるとビクッとしますが、じつこれ犬の寝言なんです。犬も人間と同様にレム睡眠とノンレム睡眠を繰り返しながら眠っています。夢を見るのは人間と同じで眠りが浅いレム睡眠のとき。夢を見る行動は、寝言だけではなく、走り回るのがすきなワンコは手足をバ…

「バウ!」と低くほえるのはどんなとき??

「バウ!」と低くほえるのはどんなとき??

A.「動かないで!」基本的に犬が低い声で吠えるときは、警戒しているとき。目の前に不審者がいなくても、あやしい物音などにも反応して「バウ!」と吠えてけん制してしまうことも。本当に不審者が出てきたらいやなので、出てくる前に先手必勝で吠えてしまうのです。なんだか可愛いですね。…

「ウー」とうなるのはどんなとき??

「ウー」とうなるのはどんなとき??

A.「近づくな!」眉間とマズルにしわをよせて、目の前の相手を威嚇しながら低い声で「ウ~」とうなるのは、「これ以上近づいたら攻撃するぞ!」という脅しのサイン。戦闘サインをアピールしているものの、実際のところは「これ以上近づかないで!とっととどこかへ行って!」いうのが犬の本年なのです。…

「クーン」とか細い声でなくのはどんなとき??

「クーン」とか細い声でなくのはどんなとき??

A.「さびしいよ~」あなたの愛犬が鼻にかかったか細い声で「クーン」とないていたら、さびしいさびしいといじけている可能性が高いです。例えば、ペットホテルや動物病院に預けるときに別れ際に「クーン」となかれてしまうと「さびしいよ、行かないで」と言われているようで、ついつい一緒にいてあげたくなってしまいます…

「アォーン」と遠吠えするのはどんなとき??

「アォーン」と遠吠えするのはどんなとき??

A.「ここだよ」遠吠えという行為は、犬の祖先である狼が遠くにいる仲間に向かって自分の位置や存在を知らせるためにやっていたことで、その名残が犬たちにも本能として残っているのです。基本的に室内犬は、あまり遠吠えをしませんが、屋外で飼われている犬の場合は、どこかで「アォーン」と遠吠えをしだすと、それに呼応…

「キャイン」と吠えるのはどんなとき??

「キャイン」と吠えるのはどんなとき??

A.「ひえ~」愛犬が「キャインッ」とないてしまうのは、痛い&怖いといったマイナスの感情から起因するものです。例えば、うっかりワンちゃんを踏んづけてしまったときに思わず「キャインッ」とないてしまいます。ちなみに踏まれるなどの外的要因がないときに、「キャイン~」とないている場合は、体調不良やけがの可能性…

「ワンッ」って短く吠えるときはどんなとき??

「ワンッ」って短く吠えるときはどんなとき??

A.「ちょっと、ちょっと」野生の犬は、天敵に居場所を知られないようにそれほど多くは吠えません。飼い犬がよく吠えるのは、吠えることによって自分の要求が通ることを覚えてしまったらといえます。だからこそ、愛犬がご主人に「ワンワンワン」と吠える行為は、要求を通そうとするケースが多いのです。逆に「ワンッ」と短…

「ワンワンワン」って吠えるのはどんなとき??

「ワンワンワン」って吠えるのはどんなとき??

A.「ねぇねぇ欲しいよぉ」愛犬がご主人であるあなたを見て吠えるのは、なにかをねだっているということ。愛犬が高めの声で連続して吠えている場合は、それはあなたにやってもらいたいことがあって、「ねぇねぇ」と声をかけているのです。例えば、サークルの中から主人に向かって吠えている場合は、「ここから出してよ~」…