ホーム > 行動でわかる犬の本音 > お留守番の様子でわかる犬の本音

お留守番の様子でわかる犬の本音




rusu.jpgよく「うちの愛犬はさびしがり屋で、留守番ができない。」と悩まれる飼い主が最近増えています。留守番となると、吠え続けたり、物を壊したりするなどの問題行動をするわんこもいます。犬は、もともと群れで生活をする動物なので、独りぼっちが苦手です。とはいえ、適応能力も高いので飼い主の生活スタイルに合わせて上手にお留守番することも可能です。要は飼い主であるあなたの工夫と教育次第で、独りぼっちを楽しめる留守番上手犬に変身することができます。


◆お留守番のときに飼い主がやってはいけない行動
犬にとって、誰もいない部屋にポツンとお留守番することは、誰もいない体育館の中にたったひとりでいるようなもので、非常に不安です。だからこそ、かわいい愛犬へ「いってきます」や「ただいま」といった挨拶は、余計不安にさせてしまう行動といえるので、出かけるときは、犬の不安を煽るだけの「いってきます」は言わずに犬が気づかないうちに家をさりげなく出ていき、家に帰ってからもすぐにかまってあげたい気持ちをグッと我慢して、犬が落ち着くまでは放っておきましょう(帰宅後の過剰な再会のかわいがりは、愛犬がひとりにいるときの時間をさらに不安にさせてしまいます)。

またお出迎えの跳びつきはきちんとしつけてやめさせるようにしましょう。犬にとって飼い主の帰宅はとてもうれしく、ついつい「どこ行っていたのよ~!」という気持ちから跳びついてしまいます。この行為を許してしまうと、家族には跳びついていいのに、他人には跳びついてはいけないというしつけになってしまい犬が混乱してしまうので、しつけとして跳びつきは基本NGであることを教えましょう。

基本的に、犬にとっては飼い主からかまってもらえない時間はすべてお留守番と一緒です。たとえ飼い主であるあなたが家にいたとしても、料理をしているときや洗濯物を干しているとき、お風呂に入っている時間やそうじをしている時間などは、犬にとってお留守番している時間と何ら変わりはありません。そのためにも、独りぼっちでいてもリラックスできる空間を確保してあげることはとても大切です。


◆愛犬には落ち着ける場所を作ってあげる
飼い主が留守中に問題行動をするわんこはもちろん、一見おとなしくお留守番しているわんこにとっても広すぎる家の中は、わんこの不安を募らせる原因となります。愛犬が安心して過ごすためには、必ず愛犬にとって安全かつ狭すぎず広すぎずのリラックス空間を用意してあげましょう。基本は犬の大きさに合った広すぎないサークルを用意し、その中にトイレと巣穴代わりとなる屋根付きのベッド、飲み水と退屈な時間でも楽しく過ごせる知育玩具を用意しておきましょう。サークスの中が常に安心できる場所であることを愛犬が認識できれば、心が安定し、性格も落ち着きますし、用意してくれた飼い主へ信頼感も高まるのできちんと用意してあげましょう。ハウスは広すぎず狭すぎずのこぢんまりした広さが犬にとっての快適空間です。また、一般的に犬が飼い主の不在を強く感じるのは最初の15分程度といわれているので、最初の15分間、何か集中できるものを用意しておけば、お留守番が格段に上手になります(知育玩具などを難易度が異なるものをいくつか入れておくことでより熱中できるようになります)。


お留守番の苦手な愛犬を、飼い主が勝手に「不安分離」と決めつけてしまいがちですが、本当の不安分離症は、自分の体を過剰に舐めたりかきむしったりして、自らを傷つける自傷行為が伴うものです。最初にも言いましたが、本来犬は独りぼっちが苦手な動物です。だからこそ飼い主の工夫や教育があってこそ、苦手なお留守番を克服できることを肝に銘じておきましょう。




ドッグトレーナーにしつけを任しているけど全然いい子にならない・・・
訓練所に預けていい子になって帰ってくるけど、しばらくするとまた言うことを聞かなくなってしまう。それは、あなたの愛犬が本当の意味での「しつけ」ができていないからです。しつけとは、飼い主さん自らが愛犬と向き合って信頼関係を築く行為です。それがしっかりできていないと、いくら訓練所に預けたとしても意味はありません。飼い主自らが実践すべき犬のしつけ法をわかりやすく解説したサイトが「プロに頼まずに飼い主だけで実践できる犬のしつけ法」です。気になった方は是非覗いてみてください。
→→→「プロに頼まずに飼い主だけで実践できる犬のしつけ法」はコチラ

関連記事

  1. お留守番の様子でわかる犬の本音

    よく「うちの愛犬はさびしがり屋で、留守番ができない。」と悩まれる飼い主が最近増え...

  2. オシッコとマーキングでわかる犬の本音

    排泄物は自分の存在を敵に知らせることになるので、基本的に犬は本能としてできるだけ...

  3. 遊びの様子でわかる犬の本音

    犬は遊びを通じてさまざまなことを学びます。兄弟犬や先輩犬との遊びの中からは、自分...

  4. 寝ている姿でわかる犬の本音

    生物ピラミッドの中では犬は、食物連鎖の上の方ではないので、完全に安全が保障されて...

  5. ムダ吠えする犬の本音を知ればいい子に生まれ変われる!

    人間からみれば無駄吠えにみえても、無駄に吠える犬はいません。犬が吠えるときは、そ...

  6. 犬社会のリーダーとして大切な5つの資質

    犬は群れで生きる動物なので、群れの中での順位に対してとても気にする生き物です。犬...

  7. 叱ったときの態度でわかる犬の本音

    じつは犬は嘘をつくのが上手な動物です。叱ると反省しているフリをしたり、じゃれつい...

  8. 食事の態度でわかる犬の本音

    「うちの子は好き嫌いが激しくて...」「ごはんの時間になると吠えだす」といった愛...

  9. 来客への態度でわかる犬の本音

    宅急便の配達などの来客がある場合、その来客への愛犬の反応によって飼い主さんへの信...

  10. 普段の居場所でわかる犬の本音

    愛犬が最も長く過ごす場所が、我が家です。とはいえ、あなたは自分の愛犬が部屋でのん...

  11. 散歩の様子でわかる犬の本音

    犬にとって、家から一歩出ればそこは刺激にあふれた不安な別世界です。お散歩タイムは...